RASIEL
障がい者グループホーム

お問い合わせ・
無料資料請求

SERVICE

障がい者の「らしさを得る/応援する場」としての
“障がい者グループホームの新しいカタチ”を目指します

社会的な背景と位置づけ

近年、障がい者数は増加傾向にあり、今後も増えると見込まれています。
同時に、障がい者と同居する親の高齢化が進み、障がい者の今後の生活に対する障がい者の不安は高まっています。

こうした背景の中、国は施設等に入所する障がい者の方々の地域生活への移行の推進を基本方針に掲げ、その受け皿の一つとなる障がい者グループホームの整備目標を設定しています。そして、各自治体において目標達成の取り組みが進められており、障がい者グループホームは、社会的に重要な役割を担っています。

ビオネストグループの
障がい者グループホーム事業として

ラシエルも名を連ねるビオネストグループは2008年に創業に兵庫県西明石の通所介護施設(デイサービス)1店舗で産声を上げました。それから、通所介護施設事業を基盤にし、サービス付き高齢者向け住宅などの住宅系介護施設の運営に拡大しました。そして、現在は介護事業の枠を超え、障がい福祉事業にも参画しております。

そういった歴史的背景の中で、福祉施設を10年以上運営してきた知見を保有しております。その知見を障がい者グループホームに転用し、障がい者グループホームの「新しいカタチ」を目指します。

ラシエルのサービス
コンセプトとして

ラシエルでは、「ラシエル」の名の由来である「障がい者のらしさ」にこだわり、
コミュニケーションを重視した安全・安心・快適なサービスのご提供を重視しております。

また、自立を目指したい方ばかりではなく、「自宅や病院ではないところでまずは
日常生活を送ってみたい」その第1歩を応援致します。

絶対に生活介護や就労支援に出かけなければいけない。
その事が重荷に感じておられる方もおられかと思います。ラシエルでは「らしさ」を
もっと出せるように支えていきたいと考えております。

1好きなこと 2得意なこと3必要とされる
この3つを満たすことでより「その人らしさ」が出ると考えます。(©自分コンパス)

職員と一緒であれば好きなことができる・得意なことが発揮できる。そのことを周りが認めることで、
より生きがいのある生活をラシエルでお過ごしいただきたい!その思いでサポートいたします。

「らしさ」を知るにはたくさんの情報が必要です。生活歴をたくさんお聞きし色々なエピソードを教えてください。 お一人お一人に興味をもって対応致します。